愛媛のダンスパーティー ミニレポート
 愛媛のダンスパーティーのミニレポートです。 参加できたものの中から幾つかを紹介していきます。  
2005年 (その7) by Hideaki Miyamoto(宮本英明)  レポート目次ページ
2005サマーダンスフェスティバル&フォーメーション 松山市 

  俊野ダンススタジオ(俊野義宣先生・美登里先生)が、教室の外でサポートしているダンスサークルと研究生が年に一度集まって開催する合同発表会のパーティーです。出来て9ヶ月で初めての発表となるさわやかサークル、まなびぴあで結成されてその後継続しているマナビィ・ウィルチェアクラデなど8チームの発表があった。フォーメーションの形の発表があったがよくまとまっていてきれいでした。研究生・ジュニアチームも相変わらず元気がいい。
 俊野教室はパーティーの時いろいろな企画を考えられているが、今回は松山大学ダンス部チアボーイズの演技発表があった。ウォーターボーイズをヒントに結成されたチームとか。 そのほか、ほぼ全員参加のシークエンス・ダンスもステップのレッスンも含めてあり、みんな楽しんでおられました。  この日のプログラムはこちら
▼俊野ダンススタジオ http://www.npo-ehimejoho.jp/naraigoto/lesson30_01/toshino_30_01.htm

2005年 9月4日(日) ホテル奥道後(錦晴の間) 
ページの先頭に戻る 

長井健次スポーツダンスアカデミー
        20周年サマーダンスフェスティバル2005

松山市 

 長井健次スポーツダンスアカデミー(長井健次・長井奈保子主宰)の20周年のパーティーが開かれた。 昨年のパーティーの時から、「20周年には、大きなパーティーを開きます」と前フリがあったわけですが、20周年の記念のパーティーとはいえ、これだけ多くのゲストが来て、こんなに盛りだく さんのプログラムのあるダンス教室主催のパーティーは愛媛では初めてでしょう。
  東京や大阪でのパーティーなどに長井先生と一緒についていくと、多くの人が長井先 生に声をかけてくるので、すごいと思うと言っていた人がいるように、ダンス界に顔 がひろい長井先生の20周年の記念のパーティーだけど、県外からのゲストがやたら多いのにはびっくりする。さらに、イタリアからのゲストも。   お客さまは、つれづれ受付を済ませそのまま会場へ導かれ、パーティーは長井先生の気質と同じく開放的な雰囲気でスタート。 EVの大型フロアモニター、足場を組んだ照明システムとハロゲンピンスポが場を演出している。
  1、2部に渡るミックスコンペ、アマチュア演技発表の後、長井教室のスタッフショーがあったが、 だんご3兄弟の曲で黒装束の3人に続き、まつけんサンバの衣装でズラかぶってあの軽快な曲で長井先生と奈保子先生が登場。続いて、恋のバカンス、ダンシングオールナイト、ルビーの指輪と懐かしい曲とともにスタッフのみんなが次々と ショーダンスを踊る。続いて長井先生が女性3人を相手に銀座の恋の物語を、そのあと奈保子先生が川の流れのようにをバックに 男性4人と踊る・・・。その後、スタッフ紹介があり、長井先生は、「教室を開いて20年、たくさんのスタッフに囲まれて・・・」 と感慨深げな挨拶でした。
 出演者全員が競技ダンスの世界で活躍するトップアスリートで、世界中で上演され続けているダンスエンタテインメント 『バーン・ザ・フロア(burn the floor)』の日本版を見るようなスタッフショーでした(ちとほめすぎかな、でも素敵でした)。ジュニア選手の玉井(兄)・大沢組、玉井(弟)・仲田組もアマチュア演技発表に出演した。玉井(兄)・大沢組は、国内のアマチュアジュニア大会 で優勝し、来年10月のベルギーである国際大会に出場するとのこと。
  ゲスト参加のプロを含む現役プロの先生方による紅白戦は、競技会のファイナル戦のような様相で、 充分楽しませていただきました。お客様の審査員の投票も含めて白組の勝ちでありました。中部スタンダードチャンピオンの梅原先生と九州ラテンチャンピオンの元田先生が、ゲストの代表ということで挨拶され、 二人とも「今日の打ち上げと海に連れて行ってくれるというのが楽しみ」と言ってましたが、長井先生が広くお付き合いされているのがわかります。6組によるゲストデモンストレーションも、現役で活躍されている方達ばかりのこともあって、スポットライトの中で汗が飛び散る映像は圧巻でした。
  最後のスペシャルデモンストレーションは、イタリアから、世界スタンダードファイナリストのウィリアム・ピノ&アレッサンドラ・ブッキャレリ組。 スタンダードなのに、ピノは燕尾服ではなく、まるでラテンのような衣装で登場。スタンダードなのにラテンの 踊りを見ているような気分になる。これも、身体がどこで止まってもびくともしない安心感と彼の国の国民性からくる印象なのかもしれない。挨拶は流暢な日本語でした。スペシャルデモが終わったあと、びっくりしたのは、スタンディングオベーションが起きた。 お客さま達が、感動して、みんな立ち上がり拍手して鳴り止まなかった。愛媛のダンスパーティーでこんな光景は初めてのように思う。
  今日は、司会の作道アナは大活躍でした。あれだけのプログラムを軽快なしゃべりでそつなく こなしてたものの、本業よりハードだったに違いない。
▼長井健次スポーツダンスアカデミー 
<古川教室>愛媛県松山市古川南1丁目20-32 TEL:089(905)1188
<市駅前教室>愛媛県松山市千舟町5丁目3-6 TEL:089(941)8877     http://home.e-catv.ne.jp/knagai/

 ▼ゲストの先生方の踊りの写真は、こちら     
2005年8月7日(日) 愛媛県民文化会館・真珠の間にて 
ページの先頭に戻る 

    Copyright: RENE Co., all rights reserved.
ページTOPへ ルネTOPページへ