ヘナ効能    ヘナのトップページへ

髪を染める ヘナのお話 ヘナQ&A 業務用パック 100gヘナの注文
ヘナの効能   豆知識   応用例   使い方   ハーブカラー
インディゴ   ヘナの新色   化粧品登録       カートを見る

ヘアカラーとしてのヘナの効能

■ヘナの効能
ヘナはインドの伝承医学であるアユールヴェーダにおいて何千年もの昔から使用され、皮膚 病予防、・止血・吹き出物・火傷・打撲傷・防腐剤 ・皮膚炎の薬剤としても使用されてきまし た。今日では、ヘアートリートメント、ヘアカラーとしての需要が高く欧米では高く評価されてきたものの、やっと日本ではその効果が認められ始めてきました。
ヘナの葉には抗菌、殺菌作用があるため、頭皮を改善し、フケやかゆみを抑え、痛んだ髪を回復させる効果が見られます。
インドの科学者B・チャンダヌビーケー氏の1990年論文の報告 によるとヘナの中に含まれる ローソニア・アルバという成分は肝臓の毒素を取り除くのに有効であること、またヘナによって睡眠が深くなると言われています。さらにナフトクウィノンという成分が入っていて、生理不順 を治す効果もあるとされています。

■敏感肌・アトピーの人でも安心
ヘナは繰り返し使用しているうちに髪が丈夫になり、健康的になると言われています。また敏 感肌・アトピーなどで毛染めが出来なかった人でも安心して使えるとされています。
生理不順の人にとっては生理の2〜3日前から使用するのが効果的とされています。さらに血圧安定にもいいとの報告があります。

■ピュアなヘナの見極め方
ヘナはタンパク質と反応すると色がオレンジ色に変化します。例えばタンパク質の入ってい ないティッシュペーパーにヘナの粉末を包み、時間をおいてみます。ティッシュペーパーの色が少し変化したら、それは本物のヘナではないと思われます。
タンパク質を含まない紙の色が変わるということは化学染料が含有されている可能性が高い ということになります。またヘナ100%の粉末は鮮やかな緑色ではなく、少し茶色っぽい緑とい か、うぐいす色をしています。ハーブ入りの粉末になるとよりうぐいす色っぽくなります。

■ヘナの色に不満な方
ヘナは植物性ですので、化学染料と比べると指定の色がきっちり でる保証はありません。髪の毛と頭皮のことを考えた場合、ヘナ100%またはハーブ入りヘナで染めることをおすすめ しますが、もし化学染料と併用でお使いいただく場合、先にヘナで染めた後に化学染料でしっかり色を定着させる方法があります。そうすれば、ヘナによって髪と頭皮を保護することが できるので直接化学染料を塗布するより健康には安心です。

■冬場では、ヘナの性質を知って使おう
ヘナは皮膚につけた時体温を下げる作用があります。冬場の寒い時期にヘナを塗布する場 合、身体を温める作用のあるオイル、すなわちエッセンシャルオイル をペースト状にしたヘナ に入れると効果あります。またユーカリ入りヘアオイル入れるとヘナの脂溶性成分が溶けやすくなります。また先に頭皮へオイルマッサージをしておくと、 血液の循環もよくなり、ヘナの栄養が充分行き渡り、老廃物を排泄する作用が高まります。 頭皮マッサージ用として椿油やマッサージ用ゴマ油、アロマテラピー等で使われる全身マッサージ用オイルでも結構です 。さらに、冬場ではヘナペーストを温めて使うと良いでしょう。ヘナペーストを耐熱性容器で作 り、ボールにお湯を張り、その容器ごと入れて湯煎してお使いください。

■ヘナペーストを自分で作ってみる
自分の髪の毛の量や長さにあわせて、ヘナパウダーを容器へ入れます。お水かお湯を加え マヨネーズくらいの硬さになるまでよく溶きます。ペーストが完成してから3時間以上24時間 以内寝かせておき、使用直前にユーカリ入りヘアオイルを入れます。(入れなくても使用可)ヘナパウダーの量の目安は、ショートだと50〜65g、セミロングだと65〜80g、ロングは100g を参考としてください。なお、水分量はその約3.5倍が適当でしょう。

お問い合わせ、ご注文は、 ファッションルーム ルネ
〒790-0005 愛媛県松山市花園町5−18
     Tel:089-932-3471  Fax:089-945-2066  e-mail: こちら

Copyright: RENE Co. All rights reserved.
ページTOPへ ルネTOPページへ