ヘナのお話(少し前のお話)    ヘナのトップページへ

髪を染める ヘナのお話 ヘナQ&A 業務用パック 100gヘナの注文
ヘナの効能   豆知識   応用例   使い方   ハーブカラー
インディゴ   ヘナの新色   化粧品登録       カートを見る

ヘナとは・・・
 ヘナは、ハーブの一種で主にインド、ネパール、パキスタン、などの西アジアにに分布する植物です。草木染めの染料として使われますが、特に安全なヘアカラーとしての用途があります。また、数ヶ月間有効な、ヘナタトゥーとしても使われています。 (ヘナでタトゥーを描いている様子 右の写真→)
 ヘナの葉を乾燥、粉末にしたのものがヘナパウダーです。 粉末は薄緑色で、においは ハーブや抹茶のようないい香りがします。  歴史は非常に古く、 古代エジプトではヘナは髪、爪や唇に色を付ける化粧品として使われていました。また、皮膚予防・止血・外傷・火傷の外用薬、内服薬として 使用されたとの記録もあります。ヨーロッパ、アメリカ、アジアで広く髪を染める天然染料として使用されています。

フォトギャラリー
■【上↑】ヘナタトゥー
■【左上】ヘナの木
■【左中】ヘナの工場
■【左下】ヘナの袋詰

参考書
【ヘナトリートメント ヘアカアラー ヘナ ―若々しく美しい髪を保つために

ゆうエージェンシー・学陽書房 塩田要著 \1,000 (2001.4)
傷んだ髪、気になる白髪、染料にかぶれやすい方に髪を傷めず、しかも育毛。 その効用・使用法から、安全なヘナの入手法まで。
第1章 ヘナ…安全に白髪を染めたい女性への提案
第2章 ヘアカラー…それぞれの効果と染毛のメカニズム
第3章 ヘアダイには危険がいっぱい
第4章 ヘナって何?
第5章 ヘアカラーとして使われるヘナ
第6章 ヘアカラーとしてのヘナの問題点は?
第7章 HOW TO HENNA


 人公論2002年の7月7日号に海外女性通信(バンガロール在住・小島秀子さん)のコーナーにヘナの話が出てました。 「インド女性の美しさを解くカギは、この植物にあり」というタイトルで、
「ヘナで髪パックすると、髪の艶がよくなり、ふけ、白髪の防止になる...」
「さらにホルモンバランスを整えるので、頭痛緩和に役立つ...」
「ココナツオイルで頭皮と髪をよくマッサージした後、ヘナでトリートメントすると気持ち良く、髪は美しく艶やかに...」
「インドの美容院では、どこでもこのヘナトリートメントやヘナアートをしてくれる...」
「多くのインド女性は、ヘナに卵白やヨーグルトを加えて、自分なりのトリートメントペーストを作り...」
といった感じの内容が書かれてました。 【婦人公論2002.7.7海外女性通信のページから引用】

日本へ輸入されるヘナの大半の原産国はインド
2001年4月厚生労働省は、ヘナを化粧品として輸入できるようになりました。そしてその規制緩和を受けて、多くの日本の輸入業者たちは、インドへ品質の良いヘナパウダーを仕入れるために行っています。今ちょっとしたヘナブームですが、健康志向の高まりにあいまってさらに需要が高まることが予想されます。しかし本当に品質の良いヘナを入手できる信頼できるインドの輸出業者を見つけることが、成功のポイントです。
 インドの他、北アフリカ、パキスタン、中国南部でもヘナの木は自生しています。しかし日本に輸入される大半はインド産のものです。インドではラジャスタン州とグジャラート州が有名ですが、品質が良いのはラジャスタン州のものと言われています。また11月前後に採取されたものが品質が良いようです。
市販のヘナの多くにもに化学物質が含有
ヘナに各種ハーブをブレンドしたもので髪の毛を染めるには触媒をして くれるような化学物質を必要としていました。
現在ドラッグストア等で市販されているヘアカラーのほとんどは化学染料 でできており、頭 皮や髪のトラブルが急増しています。黒髪を安定して茶色や金髪 に染めたり、白髪を黒く染 めるには発がん性が疑われているパラフェニレンジアミンや 発がん性 と環境ホルモン作用 の疑いの強いバラアミノフェールが含有されている可能性がとても高いと思われます。
そして今注目のヘナにも、ブラックへナやダークブラウンへナという名称で発売されている化学物質入りへナが横行しているのが実情です。 (最近、表示や説明の無いケミカル成分配合のヘナは摘発を受けています。)

化学物質の入ったへナが売れる理由
2002年3月まで厚生労働省はヘナを化粧品として輸入することを認めていませんでした。
しかし、美容室を中心にヘナは普及し始め、ヘナの効用が認められ 各種書籍で 紹介されるようになりました。ところが美容室ではお客様の回転率を高めるためには短時間で染め上げ なければならず、そのため化学物質の入っているヘナが最も有効だったのです。
また、化学物質入りのヘナだと色合いも望みどおりに定着させることも可能だった為、多くの販売者はヘナの効用を訴求しながら、化学物質入りのヘナを販売し続けたのです。
現在店頭に並んでいるヘナの成分を100%信じることが出来ないのは、輸入元が知らないま 生産国で含有されているケースが多いのです。最も多いのがダイヤモンドグリーンと言われるものでヘナパウダーを新鮮な色(緑色)に保持するためのものです。 (最近は、ルネで扱っているような純粋にハーブのパウダーのみのヘナも増えてきています。)

化学染料とヘナとの違い
化学染料は大きく分けて酸性染料とアルカリ染料に分かれます。酸性染料はヘアマニキュ アに代表されPH3の弱酸性で刺激臭が強いのが特徴です。アルカリ染料は1剤と2剤を混合 酸化反応をして染めます。やはり刺激臭が強いのが特徴です。この両者はパーマがかかりにくかったり、パーマが取れる危険性があります。ヘアマニュキュアは髪表面をコーティング し、アルカリ染料はキューティクルを開きブリーチしながら染まります。
ヘナは毛髪内に付着し毛表面にコーティングして髪が守られだけでなく色持ちが大変いい のが特長です。また頭皮の老廃物の排泄を促し、フケかゆみを取り除く効果もあります。

ヘナの木の自生地
ヘナの木は地面が乾燥した砂漠で育ちますが、雨水はやはり必要です。自生地はインド、 パキスタン、北アフリカ、中国南部などに広く分布しています。インドでは西に位置するラジャスタン州とグジャラート州が有名ですが、品質がいいのはラジャスタン州のヘナとされてい ます。

純粋へナの色
ヘナを採取するときは、地面から5〜10cmくらい残して枝葉を切って、葉っぱの部分を使い ます。しかし、枝部分を取りきれずに残ったままグラインド(粉末加工)したものは良質なヘナとは言えません。ヘナの色素はローソニア・アルバと呼ばれ、オレンジと黄色が基本色とな っています。しかし採取時期や地方によっても発色が違います。その原因は日照時間、温度、水質、土質の違いだと言われています。また葉の乾燥時間、乾燥方法、若い木か古い木か、 同じ木でも若い葉か古い葉かによっても変わってきます。すなわち、「この色 になる」 と言う様に断定することは難しいのです。

利益第一主義に走ったインドのヘナ会社
ヘナの粉末の色はあまり気にする必要ありません。その色は採取時期、天候、水質、土質、 天日乾しの時の天候など色々な要素に影響されます。いつも同じ色を作り出すのが極めて難しいのです。しかしインドでも鮮やかな緑色したヘナの需要が高いため、製造メーカーが 化学染料を使って着色をしてしまうのです。また緑色した砂を入れて重量を稼ぐ場合もあります。 これはへナ取引きが重量により価格が違うためです。その他の方法はアウリという植物を混入しますが、牛でさえ絶対に食べない有害な植物です。よく日本人のバイヤーが買い 付けに行って価格を値切ったりすると、大半がこのような混ぜ物を掴まされます。

品質の高いヘナは家庭で作られる
ヘナにはたくさんの種類はありませんが、小さい葉っぱの、棘の無い種類に人気があります。
ヘナは乾燥した天気でもよく育ちますが、雨季を終えた後の方が発色成分が高いため雨季を過ごした後に採取したヘナが良質とされています。また雨は若葉を育てますが、雨水だけ で育てたヘナは年1回しか収穫できません。最近は売れるだけ売るために年に2〜3回収されています。 また葉っぱだけを粉末にして使うのですが、枝やその他不純物が入るケースも多いのです。葉の中央の筋部分を取り除いたものが最高品質ですが、これらの作業は 一般の工場では無理に近いと思われます。インドでも一部の家庭ではヘナをグラインドする石臼を持っていて自家消費分だけを作っていますが、とても良質なパウダーができます。

お問い合わせ、ご注文は、 ファッションルーム ルネ
〒790-0005 愛媛県松山市花園町5−18
     Tel:089-932-3471  Fax:089-945-2066  e-mail: こちら

Copyright: RENE Co. All rights reserved.
ページTOPへ ルネTOPページへ